CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レーシックでの失敗
 最近では、芸能人やスポーツ選手の治療などから有名になり、レーシクでの視力矯正が話題になっていますが、これまでメガネやコンタクトレンズに頼っていた人には、角膜を直接手術する方式に不安が無い訳ではありません。
ここでレーシックの最も不安材料である治療の失敗について調べてみました。

レーシック手術による失敗は、だいたい次のような場合に失敗と呼ばれるようです。
○副作用
・ハロ・・・夜間、光の周囲がにじんで見える現象
・ドライアイ・・・角膜に水分や栄養分を内部からの補給が減少
・結膜下出血・・・フラップを作るときの圧力で白眼の結膜部分が内出血して赤くなる
・照射ズレと乱視・・・エキシマレーザーを照射されると照射ズレで乱視が発生する場合
○合併症
・エピセリウムイングロース・・・上皮細胞がフラップ面で増殖し、角膜周辺が白っぽくなる
・セントラルアイランド・・・レーザー照射中のガスで、光が遮られて中央部の切除が不十分の場合
・術後乱視・・・照射ズレによる乱視
・治療後の視力変化・・・一時的な遠視
・フラップ形成不全・・・フラップが取れたりズレたりする場合
・感染・角膜潰瘍・・・衛生上問題のある手術の場合
・サハラ砂漠症候群・・・フラップ面に原因不明の斑状や混濁が生じる
・角膜拡張症・・・角膜を薄く削り過ぎると眼圧によって角膜が前方に拡張

と、まあこのように副作用や合併症を、レーシックでの失敗と呼びます。

しかしこれらの症状が常に起こるわけではなく、むしろ発生の可能性は極めて低いようです。
発生の主な原因は、事前での検査が不十分なことや、医師の経験不足による治療、或いは儲け主義での治療など、どちらかといえば人為的な面が多分にあるように思えます。

これまでレーシック治療での実績を残しているクリニックでは、医師の経験はもちろん事前の検査の結果に基づき、手術の可否の判断を的確にしており、仮に検査で治療効果が望めない場合や、手術不適合が判明した場合は、レーシック手術が行われないのが一般的です。

中に経験を積むためや、儲け主義に走りクリニックなどでは、無理な手術もありえますので、治療を受ける患者サイドも、事前の情報をシッカリと掴んだクリニック選びをすることが大切です。

また、これら副作用や合併症の多くは、再治療により回復は可能ですが、中には重篤なケースもあるようですので、事前のクリニックチェックは十分過ぎるほどやっても、決して損をすることは無いでしょう。
| - | 18:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
家庭精米機での精米に人気
 最近では「分つき米」に人気があるようで、家庭用精米機お米を精米した、この分つき米を手頃に食べたいとの要望が高まっているようです。

分つき米の凄いところは、栄養が満点で健康にとてもよい点です。
分つき米は「栄養の鎖」とも呼ばれており、その栄養バランスは16種類のミネラル、20種類のビタミン、8種類の必須アミノ酸で作られており、それらは胚芽に多く含まれています。

お米の大半はデンプン質からできていますので、体を動かすために必要な燃焼エネルギーの役割を担っていますが、燃焼にはビタミンB1が必要ですが、分つき米には白米に比べてビタミンB1が3.5倍も多く取り入れられます。
ビタミンB1はとても壊れやすく、普通の精米したご飯では僅か3.3%しか残りません。
ビタミンB1が不足をすると、疲労物質の蓄積、酷い場合には情緒不安定、知覚異常、精神錯乱なども引き起こす場合もあるようです。

しかしこれら分つき米をはじめとした、家庭での精米が好まれる理由は、健康面でのメリットはモチロンですが、いつでも精米したての美味しいご飯が食べられる事に尽きると思います。
精米をして長い時間をかけて食べるお米は、空気にお米がさらされることなどから、味の面でも倦厭される傾向にあるため、食べる直前での精米により、味わいの豊かな美味しいご飯が好まれる事が主な理由ではないかと考えられます。

いづれにしても、つきたてのお米を食べるのが一番美味しいのは当然ですね。
| - | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
薄毛対策に悩んでませんか?
 男性でも薄毛でも気になりますし、何とか治せないかと悩みます。
なんと言っても薄毛の次に待っている事態は・・・・・、恐ろしくて口にも出せません。

ということで薄毛対策について考えてみました。

そもそも薄毛の原因となるのは、男性ホルモン、遺伝、ストレス、生活の環境などが関わっているようです。
男性の場合には頭皮などを清潔に保つことには、意外に無頓着な人が多く、育毛剤や整髪剤は使うものの、清潔に保つための頭皮のケアなどを怠る人も多いようです。
また、仕事で頭皮・頭髪に負担のかかるヘルメットなどの着用も影響しやすいようです。
薄毛の原因にも人によって様々ですので、外見だけでは原因は特定できませんので、専門の病院で調べてもらう事により、原因の特定も可能なようです。
薄毛の原因が探れれば対策も取りやすく、育毛プランも立てやすいようですので、一度検査を受けるのも良いかも知れません。

基本的には薄毛対策には頭皮の改善が最も大切で、健康な頭皮を作ることが丈夫な髪の毛を育てる元となりますので、そのための対策をしっかりと立てていく事が重要です。
よく、抜け毛が増えるのでシャンプーを嫌がる人がいますが、これは全く逆の考えです。
シャンプーで抜ける毛は、すでに脆く育たない髪の毛ですので、それらの毛穴や髪の毛の根元に溜まる皮脂やホコリなどの汚れを落とすほうが、返って新たな発毛を促し育毛にもつながる事を、しっかりと認識しましょう。

以前、頭皮を叩いて発毛するという方法が流行りましたが、最近ではこの方法は全くの逆効果で、返って頭皮を傷つけて髪の毛への悪影響が言われています。
頭皮は叩いて傷つけるのではなく、優しくマッサージにより頭皮の血行を促進して、育毛環境を整えるのです。

薄毛対策の最も大切な事は、頭皮を清潔に保つことと、頭皮の血行を促進させ、そして適度に栄養分を補完することが大切です。
育毛サロンや植毛などの高額費用がかかる方法は、最後の最後の最後に考えましょう。
| - | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |